emmy
05
7月
2019

最近のおすすめレコード

金曜日はAll Cityスタッフリーさんのイベントへ遊びに行ってきました。

 

 

All Cityだけでなくアーティストとしても活躍するLee Kelly氏

月に何本もDJイベントを組んでいて、いつも欠かさずチェックしています。

ここは常に新しい音楽と出逢え、彼らのパーティー全てにどえらい雰囲気が醸し出されているのも格好の魅力ポイントです。

また怖いもの見たさ故に行きたくなってしまう…

(自分が酔っ払うまでの何十分かはいつも来たことを後悔する破壊力強めなパーティーでもありますw)

 

 

Lee Kelly名義から

先週発売になったLPのリリースパーティーでもあり

この金曜日はサポートなしで

彼ひとり5時間のフルセットでした。すげーー。

 

深夜1時半過ぎに遊びに行って来たんですが

華金も相まってフロアはパンパン。お酒買うのもひと苦労でした。

面白かったのが

みなさん、自由にブースへ入ってリーさんのレコードバックをわっしわっしディグするかの如く見定めていました。w

(いいんだソレ!wwww)

 

構わずDJなさってる感じもまた更に凄みを感じるし

選曲全部が最高で、

リーさんのお客さんじゃない感じの団体がグワーっと流れてきたときなんかも

ちゃんと盛り上げる曲に陥れて、そこのポップとソウルフルの間が最強に気持ちよく

徐々に自身のミニマルスタイルへ繋げていく回し方に

もう…どちゃくそ痺れて踊りまくった夜でした。

どのタイミングでもフロアは片時も盛り下がらないっていうバランスが絶妙!

これぞダブリンあるあるですが

どこの箱も、どんなアーティストに構わず3時になると全てのライトがぴっかーんと灯され

強行的に終了となります。どかどかイカツイスタッフが帰れ帰れと否応無くフロアでまくしたてます。

が、この日は

点灯とともにスタッフはやってはきたものの

フロアのネツは冷めやらぬままみんな踊っています。

きっとDJの人柄もあるんだろうなぁ、と感じたのは

そのまま何曲か続けられていたことです。正直こんなの初めて見ました。

そして更に更に夜へと運び続けてくれました。

 

 

流石に終わりはあって

なくなくフロアからみんなでなくちゃいけなくなり

(なんだろう、この帰りたくない夜は!誰かと居たいとかそんなハートブレイクな感じじゃなくって、とにかく朝まで踊り続けたいこのまま音楽聴き続けたいっていうハートフルな感情が寂しさより高くポテンシャルを押し上げます。)

 

そんな中たまたまフロアでソフトボーイのwastefellowにお逢いして

お互いにあああー!っと女子高生が廊下で他のクラスメイトに会うくらいなテンションでハグしてしまいました。

言わずもがな彼もまたAll Cityフリークなことは重々知っておりましたが

この夜に会えたことが個人的にすっごくブチ上がりました!

TOKYOにレコード持って行ってくれて本当にありがとうと100回くらい言われ(みなさんチェックしてくれましたかね渋谷HMVrecordshop に彼のレコードお取り扱いありますよ!)

めちゃくちゃ酔っ払っていて(私もだけど)

ズケズケいろんな話が出来てめちゃくちゃ嬉しかったです。

今は新作に向けての歌詞制作中らしい。(大ファンなので待ちきれないです!)

また私なんかのラジオもチェックしてくださっていて、楽しみにしてくださってました。涙

和モノにすごい興味があるらしく最近YMOが気になっていると。(先日All Cityに1枚卸したばかりのタイムリーな話で尚嬉しい!)

 

あと、これはよくこっちにいて聞かれるし話す事で、

なんでダブリンに住んでるの?と。

シングストリートがめちゃくちゃ大好きで!と言うと

何故ゆえシングストリートが!みたいに返され

日本で結構有名なんですよー。と答えると

更に更に驚かれます。

今の日本人ならマイブラ、クランベリーズよりパッと浮かぶのはジョンカーニーなんじゃないかと勝手に思っています。

実はそこまでアイルランドの方達はこの映画に対して評価してなかったりするのが意外であり面白いなーとも。

(まあ確かに溝口健二愛語られても日本人として言葉に詰まるかもしれないないです。*なぜかダブリンの日本食レストランでよく流れている…個人的には断然、健二より巳喜男派📹)

なんの話やらになりましたが

そんなこんなでいつのまにかすっかり空が明るくなり

またイベントでね、とさよならしたまでは何となく覚えているような

どう帰ったかスッポリ抜け落ちつつも起きたらちゃんと化粧落として家で寝てるから

女性の潜在能力ってすごいなぁと我ながら毎回関心と感動を二日酔いと共に思い起こすのでした。

 

 

さて、私もやっとの思いでゲットした

Lee Kellyの新譜!

待望の待望です!何ヶ月前からもアナウンスが聞こえており、まだかまだかと。お店行くたびに問い合わせておりました。

何よりこんな素晴らしいアーティストがダブリンにいることを是非知って欲しいです。また現役で働くAll Cityスタッフという破壊力よ!

あと、個人的には彼の犬がなにより可愛いのでインスタいつもみてます。w

leekellyのインスタグラム

血液がどくどく流れるようなビートに、Lee Kelly のセンス溢れる音の重ね方

ダブリンの陰影かつ不穏な情景をも見えるかのようなサウンド。とにかくとにかく一押しです!

よかったら私のインスタグラムにアップしましたのでチェックをば!

わたしのインスタグラムはこちら

Pocket

You may also like...