emmy
04
11月
2021

ダブリンでプラスティックラブを今かけるべきか、かけないべきか問題

最近告知しかSNS上であげてないのが心苦しいのですが
ちゃんと毎日ポテチ食べて
毎日ビール呑んで、毎日自炊して、ぶいぶいいわせてますっ。
  
ありがたいことに
10/22以降、コロナ禍のルールが一新されてクラブが再開となった折から
ばしばしイベントやラジオにお呼ばれしておりまして
今月は今決まってるだけでイベントは4本、ラジオは3本予定が入ってます。うれしー。
 
ここはアイルランドの話になりますが
DJの繋がり同士や、自分のmixを聞いてもらったりしてイベントのお誘い連絡を受けています。(特にラジオの効果が大かも)
で、割と最近はいきなり今週どう!とかってふられることが多いんですよね。
告知自体ギリギリすぎて私自身もおっつけなく当日のお知らせになっちゃってるときもあるくらいなんですが
みなさん、告知はその週になってからとか、なんだったら、私が今いただいてる2つに関しては告知はまだしないよう言われています。(もう今週末なんすよねw たぶん告知ページが出来てないっぽい。)
 
YouTubeやこのブログ等でも常々言っていますが
ダブリンのクラブって(例えばダブリンで有名なのだとダイシーズとか?いわゆる都内でいったらキャメロットとかそういう出会い厨な類いのクラブは抜きにして…)
メーンはテクノハウスとなっています。
だから、周りのアイリッシュのDJさん達って、むちゃくちゃにミックスばりくそうまいし。
基本は明るい時間帯からも深夜色強めな曲をむちむちにかけまくってます。
アイルランドの老舗レコ屋All Cityこそ、クラブミュージック専門店だし、そこの界隈にいるDJ達はみんなテクノハウスが多い印象です。
私はダブリンに来るまで全くそのあたりの音楽にうとく、シカゴハウスってなに?アシッドハウスってどれ?みたいなレベルでした。
なので、かいかぶってるわけじゃないですが
みんなと一緒のパーティーにいて、私のDJってちょっと変だなと思うしアイルランドには合わないんじゃないかなっていう不安みたいなものは常々感じていました。
 
また、これまじバナシですが
本当にシティポップが流行ってない。未だに!!!
いや、もしかしたらジワジワは来ているのかもしれませんが、アメリカやロンドンみたく
サンシャワー!わー!とか
Tatsuro Yamashita!わーきゃー!とか
永井博のイラスト!きゃんー!AORどすこい〜!みたいなの
全くないです。本当に未開拓です。
もちろん、中には好きな方もいるにはいますが
でもやっぱり世界から見ても全然シティポップの波は弱い気がしています。
だからこそわたしなんかでも、第一線で活躍してるアイリッシュのブリブリなDJと同じイベントで一緒に廻させて頂いています。(私なんかと自分を卑下するのは良くないけどまじにスキルはないんでこのブログの今回のトピックでだけは言わせてくれ)
でも、だからこそみんなが私のDJに興味を持ってくれているのだなという気づきもあるし
私自身、ダブリンに来てからこそシティポップを掘っています。逆輸入。
 
で、
この間、唯一こちらにいる仲のいい日本人のお友達氏に
『こっからの半年が大事な期間ですよ。やっぱりここでシティポップをかけることが大切。えみいさんが本当にかけたい曲はそれからなんじゃないかなって思うんですよね。』と、アドバイスいただいて。
なるほどなー、って感じました。すごい見透かされていた!
 
正直、いまやってることにためらいはあって。
自分の中で、もうそろそろシティポップのDJはいっかな。やっぱりアンビエントが好きだからそれにそった選曲をやりたいな、とか
クラブミュージックとかチャレンジしてみようかなっていう気持ちをどっかしら持ち始めていたタイミングでもあって。
でも、確かに彼女の云うように
今せっかく、いいチャンスが巡り巡ってきているのだから。ここでギアチェンジして
わたしがアイルランドのテクノハウスかけたところで、みんなとやってること変わらないし、抜きん出てスキルがあるわけじゃないんだから需要もないだろうし。それはちゃうなと。
まずはアイリッシュのミュージックラバー達が聞きたい知りたい日本の音楽を、私自身が好きな選曲でやることがマストなんだろうなと改めて考え直しました。
前に、オールシティスタッフのパイセンに
日本のレコードのタイトルとアーティスト名読めただけでエミイー!スゲー!と、めちゃくちゃ感動されたので
まじに私が今ここでやらなきゃいけないことは、そういった部分の見聞を広めることだよなと。
私が好きなものとか興味あるものは、友達界隈でやんややんや楽しんだらいいけれど。
まず、現場でレコードを廻させていただく折には素人ながらもステキシティポップを日本語ヨめるハナせるディグれる人間として、選曲していきたいなと考えています。
 
なので、ここで一旦予防線張ってはしまうんですが
私がアイルランドで廻すにあたって
めちゃくちゃ王道な売れ線ばかりかけてしまい
なんだ、しげちゃんバリださくなったな。とか
しげちゃんってそっちでそういうDJしてるんだふーん。とか思われそうで…都内の諸先輩がたを前にSNS発信していて正直今もやっぱ怖いんだけど
ちゃんと来年のRSDやレコードの日にアイルランドの方々がシティポップを気にかけてくれるように
微力ながらもわたしはわたしでこっちで広められるように頑張りたいと思います。
(とはいえ、むちゃくちゃEPO大好きだし、チャクラも佐藤博もだいだい大好き。自分もちゃんとシティポップ大好きですよ!)
 
そうそう…
今回タイトルにも起しましたが
竹内まりあを知らない人が多いんです。もちろんまだ未開な曲プラスティックラブをかけるかかけないか。これについては今非常に悩んでいます。
もう大体の方達が、潮時を感じてるかと思うんですが
ダブリンではほとんど鳴ってないまま終わりを迎えそうなんですよね。
(私自身も死ぬほどもう聞いてきたのでそこはいいよねっていう節は感じてはいます)
 
ただ、前述のマストなアドバイスを受け取るに
日本の当たり前な流行りとか
こっちではてんで知られていないものが多すぎて、逆にスルーするのもいかがなものかなという葛藤も。
ここで変にカッコつけて取り入れないのも違うのかなーとか。うーむ。
 
是非ご意見ご感想ありましたらDMにてお知らせください。
 
 
 
さてさて、本日(11/4)は
 
 
Big Romanceで
大好きなスライゴのDJ、Ricky君をお迎えして
わたしとRicky君のB2Bでパーティー致します!
(リッキー君は遥々今回のイベントのためにスライゴから3時間かけてダブリンに来てくれます)
まじにかっこいいDJで、近年のスライゴの中では一番活動してるんじゃないでしょうか!元々はUKにも住んでいたそうな。
 
  
 
ダブリンにはない、ディスコ、ソウル、フュージョン系メインの選曲をする方なので
今回一緒にダンサブルな夜を作って行けたらなと思っています。
もし、もし、アイルランド在住の方でこのブログみてくださってる方いましたら
是非今夜は一緒に遊びましょう〜
お席は要予約なのと、まだ若干数空席ありますのでオンラインからチェックしてみてください。
わたしのアイリッシュのDJのお友達もたくさん遊び来ます!
なかなかにまぶい箱なのでアイルランドのDJイベントってどんな感じ?な方にこそ来てもらいたい所存です。
 
 
また
今週のダブリンデジタルラジオお聴きいただきありがとうございました。
こちらからもアーカイブご視聴頂けます。
次回は11/29です。いい肉の日と覚えておいてくださいな🥩

 

Pocket

You may also like...